2005年06月26日

遭難

 なんだか‘あ●ない刑事’のタイトルのような本日のつきゆび日記(笑)、いえ、今回はマジでヤバかったです。今日はおふざけなしで書かせていただきます。

 2週間前に奥手稲山と言う山に登った。バイクでも登れる山である。その時は残雪があり、最後までバイクで行けず、途中から徒歩で山頂を目指した。

 しかしここ数日、札幌は30℃を越えた。これだけ暑ければ、あの雪もすっかり溶けているはず。今度こそ奥手稲山までバイクで行くぞ〜!

 朝方、曇っていたが、徐々に晴れてきた。天気予報はこのあとも晴れ。午前11時すぎ出発。順調に行けば、3時ぐらいには帰って来れるはずだから昼飯はそれからでもいいだろう。朝飯は8時ごろに少し食べた。まぁ、何とか昼過ぎまでもつだろう。バイクで行くわけだから、そんなに体力も消耗しないと思うし。

 春香山登山口から突入。しばらく進む。登山道から林道に変わる。更にしばらく進む。このあたりから雪があるはずだが・・・。

 予想通り林道を覆っていた雪は溶けていた。しかしバイクが通れるぐらいの幅のみ。今週はずーっと暑かったのに、ここにはまだこんなに雪が残っているのか・・・。その名の通り、本当に奥深い山なのである。

 それからも順調に進み、奥手稲山の山頂と思われるところ(山頂には標識や看板が一切無い。恐らくここが山頂だと思うのだが・・・。)の最後の登りの手前まで来た。ここからはさすがにバイクではムリ。一応バイクにハンドルロックをかけ、山頂を目指す。当初の予定通りである。

 しかしここも去年の台風の倒木でひどい状態。枝に引っかかってコケたり、ひっくり返ったりしながらも(笑)、倒木にピョンピョン飛び移りながら進む。

 山頂に到着。立ち木が多く景色は良くない。一応、一番マシな場所で写真を撮る。(写真は‘ぼく鳥’で見るべし。)

 ここまでも予定通り。あとは帰るだけだ。バイクの近くまで戻ってきた。ジーパンのポケットをまさぐる。??右ポケットに入れたはずのバイクの鍵が無いぞ・・・。左ポケットを探す。小銭しか入ってない・・・。

 リュックを開け全て確認。無い、無い、無い!どこ探しても鍵が無い!ここから一気に歯車が狂い始める・・・。

 記憶を回想。バイクにハンドルロックをかけているからその時は持っている。そこから山頂まで行って戻ってくる間の約30分。そのあいだに落としたはず。あっ!あのコケたり、ひっくり返ったりした時だ!あのとき以外考えられない!

 クッソ−、ジーパンのポケットから鍵が落ちるなんて・・・。予想だにしていなかった・・・。この広い山の中で、あの小さな鍵を見つけることは不可能・・・。ハンドルロックかけてるから押していくわけにもいかない。バイクで行けばせいぜい40分ぐらいでふもとまで下れるが、徒歩ならおそらく3時間はかかる・・・。(その場合、当然バイクは置いていくことになる・・・。)頭の中が真っ白になった。

続きを読む
posted by じょーん at 10:07| Comment(8) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

さらば愛しきインプ

 インプとはスバルの車、インプレッサのこと。数年前までこの車に乗っていた。純正でエアサス{注1}とサンルーフが付いており、かなり気に入っていた。しかし、インプ君は買ってたったの半年でオシャカ(最近このコトバ聞かないな)になるのである。

 2月のある日、じょーんは友人S馬と午後1時に待ち合わせをしていた。彼とは最近よく会い、色々な話しをする。

 今日も相変わらず寒く、路面も凍っている。早めに家を出よう。いつもの道を通って、いつもの場所に向かい、いつものように彼と会う・・・はずだった。

 ある交差点に差しかかった。するとどこからか声が聞こえたような気がした。(さようなら、じょーん・・・。)一瞬、インプ君の笑顔も見えたような気がする。(?気のせいかな・・・。)

 信号は青。歩行者信号も点滅はしていなかった。前述した通り、早めに出発したので急いでいたわけではないのでスピードも出ていない。普通の人なら誰もが、何の注意もせずにこの交差点を通過するだろう。ところが、じょーんが交差点内に進入した瞬間、右から車が飛び出してきた!

{注2}エアサス・・・エアーサスペンションのこと。乗り心地が良い。


 続きを読む
posted by じょーん at 21:15| Comment(6) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月13日

め組のじょーん

 {注1}これはじょーんが21歳ぐらいのときの夏の出来事である。その日じょーんは友達3人と計4人でドライブに行く予定だった。みんな割と家は近い。友人S司が車を出し、みんなを迎えに行く。友人Mの家がやや遠い。3人が車で彼の家に向かう途中、

 S司が家に忘れ物をしたらしい。戻ることに。

 玄関に行ったS司が焦った顔ですぐ戻ってきた。「ちょっと来てくれ!」玄関に近寄ると、家の中からけたたましいサイレンの音が・・・。(その時S司家には誰もいなかった。)

 S司が恐る恐る、玄関の扉を開ける。・・・・・火災報知器だ。「ど、どうする?」「やべーよ・・・。」「とりあえず、居間の扉を開けてみるか?」(玄関に入って目の前の扉が居間へと続いている。)確かにこの扉を開けないことには、中の状況が全くわからない。S司がそっと扉に近づく。すると突然、何かがバタバタと音を立てて、階段を降りてきた!

{注1}・・・じょーんのおすすめマンガコーナー@「め組のだいご」
 消防士だいごの活躍を描く。1巻に1回は泣けます。


 続きを読む
posted by じょーん at 22:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月09日

スタンドに突撃

 20歳から23歳ぐらいまでピザ宅配のアルバイトをしていた。いままでやった数々のアルバイトの中で最も長続きしたのでたくさんの思い出があるが、今回はその中で一番ヤバかった出来事を紹介しよう。

 あれは忘れもしない1月2日。ピザ屋の1年の中でも正月はクリスマスの次に忙しい。その日もじょーんは愛ピザカーのホンダトゥディをぶっ飛ばして、順調に配達。ツルツル路面が少し気になっていた。

 前方の交差点あたりがやや混雑していて、最後尾のタクシーがブレーキを何度か踏んでいる。そろそろ信号が黄色に変わりそうだが、なんとか間に合いそうだ。このまま突っ込んで問題なし。スピードを落とすことなく、そのまま走るじょーん。

 ところが次の瞬間、交差点内でタクシーが完全に停止した。じょーんは息を飲んだ。

 ヤバイ。スピードはゆうに60キロは出ている。ここから急ブレーキを踏んでも100%間に合わない!どうする、じょーん!

 
 

 


 

 続きを読む
posted by じょーん at 18:28| Comment(5) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月06日

タンク爆破事件

 じょーんの前職は農業機械の販売である。部品課で営業をしていた。毎日出ずっぱりの営業ではなく、月に1,2回、20件ぐらいの農協さんを訪問する。それ以外は事務所で電話やFAXで部品の注文を受け、出荷する。

 じょーんはどちらかというとオールマイティータイプ。部品の発送業務もするし、倉庫の管理もするし、社有車のオイル交換もするし、フォークリフトでドリフトするし(ウソを言うな)・・・ってな具合。

 部品課で中古のジェットヒーター{注1}を売ることになった。数十台が入荷したが、そのうちの1台の燃料タンクに穴が開いているのを発見。修理することになった。

 Sさんが溶接で穴を埋めることに。何にでも興味のあるじょーんは助手。タンク内に燃料の灯油が残っていると溶接中に引火する可能性があるため水でタンク内を洗浄する。(本当に水なんかで灯油が落ちるのだろうか・・・。)疑問はあったが、ベテランのSさんを信用することにした。
 
 「それではこれより、ジェットヒーターの溶接手術を始めます。よろしくお願いします。」「よろしくお願いします(笑)。」ふざけ半分で始める二人。ところがこのあと、とんでもない事件を引き起こすことになる!

{注1}ジェットヒーター・・・工場などでよく使っている、移動式のストーブ。


続きを読む
posted by じょーん at 22:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。