2005年05月10日

風邪の思い出

 先週水曜日に風邪をしいて、いまだに治らない。10代のころは1日寝れば治ったものだが。まあ、最近のじょーんは風邪をしいても熱は出ないので、仕事を休むほど辛くはないのだが、鼻水が止まらない。

 今思い出した。じょーんは22歳ぐらいのときに、2ヶ月間風邪をしいたことがある。

 風邪をしき始めたのは、確か真冬の1月だったと思う。当時のじょーんはスノーボード全盛期で、毎日滑っていた。じょーんの1日は以下の通り。

 1.朝8時ごろ起床。飯を食い、山へ向かう。2.9時から12時過ぎまで滑る。3.午後1時ごろ帰宅。飯を食い、寝る。4.4時ごろ起床、バイト先へ向かう。5.5時から11時までピザ屋でバイト。6.12時ごろ帰宅、就寝・・・。(1.に戻る)

 こんな感じの毎日だったが、いつのまにか風邪をしいたらしい。いつものように熱は出ず、黄色い鼻水が出る。バイトを休むつもりはまったくなし。(バイト代がもったいないので)かと言って、ボードを休むつもりもない。(休むほど辛くもない)まあ、ほっとけばそのうち治るだろう。こうしてじょーんは風邪気味のくせに、ボードもバイトも1日も休まなかった。

 


  ところが何だか一向に悪化する気配がない。悪化して高熱とかが出れば、素直にボードもバイトも休む決心がつくのだが、症状まったく変化無し。もちろん良くなる気配も無し。そりゃそうだ、日中は軽く−10℃(時には−15℃!)はある山の中でスノーボード、夜は6時間、ピザ屋でバイト。(けっこう動く仕事。)毎日こんなに体を動かしているのだから、良くなるわけがない。

 おがげで常に黄色い鼻水。ティッシュペーパーは欠かせない。ボードをしているときはいちいちティッシュで鼻をかむのが面倒くさいので、ウェアで鼻水を拭く。おかげでウェアはいつも黄色い鼻水だらけ。(汚ね〜!)

 そうこうしている間に季節は春(3月)。日差しが温かくなるとともに、風邪はいつのまにか治ってしまったのである。出来れば、もっとしきつづけて記録を作りたかった(笑)。

 風邪にさえも愛想を尽かされる男、じょーん・・・。
posted by じょーん at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 思ひ出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。