2005年04月28日

青いシッポのアイツ

 じょーんは小動物やら昆虫やらが大好きである。子供のころ、よくハムスターとかザリガニとかバッタとかカエルとかセミの幼虫とかトンボとか・・・(以下省略)飼ったものである。そもそも、登山を始めたきっかけはこうだ。

 昨年5月。仕事を辞め、暇な平日の昼下がり。週末はまだしも、平日の昼間は激ヒマである。天気もいいのに、何もすることがないなぁ・・・。そうだ、子供のころ、近くのT稲山でよくザリガニをとったな。今でもいるのかなぁ。久しぶりに行ってみるか。

 一人でザリガニとりに行くのも何だか寂しい。そうだ、近くに共に無職の友人U−CANがいる。アイツでも誘ってみるか。

 U−CANに電話。「お〜、U−CAN?元気?明日T稲山行かない?」「あぁ、いいよ。じゃあ明日、10時に。」「了解。」

 ところが、次の日彼が来てみると、今にも山に登りそうな格好をしている。「えっ?何その格好?」「何って、山登るんでしょ?」「いえ、
ぼくはただザリガニをとりたいだけ・・・「山に行くっ、つったら当然、登山のことでしょ!!」「はい!」こうしてU−CANの気迫に負け、じょーんはなんとなく登山を始めるのであった。

 さて、そろそろ本題に入るか。
 

 昨年は毎週のように山に登っていた。札幌近郊の主な山々は、ほぼ制覇した。

 山に登ると様々な動物たちと遭遇する。リス、ヘビ、イタチ、カエル、スズメバチ。その中で最もじょーんの印象に残っているのが、青いシッポのトカゲである。

 しかもただの青ではない。エメラルドブルーである。初めて見たときは衝撃であった。その後も1,2度見かけ、捕獲を試みたが、すべて逃げられている。

 思うにあの宝石のように美しい青いシッポ。タダ者ではない。恐らく、捕獲してペットショップに持っていけば、相当の金額で引き取ってくれるはず。もしかして、北海道にしか棲息せず、いまだ、誰も捕獲したことのない、ツチノコばりの幻の生物かもしれない。

 {じょーん、妄想モードに突入}捕獲したそのトカゲを虫かごに入れて、鼻高々でペットショップに持ち込むじょーん。「あ〜、そこの君。このトカゲ、いくらで引き取ってくれるかね。」虫かごの中のそれを見て、目を丸くするペットショップ店員。

 「こっ、これは?!幻のジャパニーズ・エメラルドブルー・テイル・ミニ・リザードじゃないですか!どこでこれを?」「それは言えない。そんなことよりいくらで引き取ってくれるのかと聞いているのだ!」「30万・・・・・いや50万出しても惜しくはない!」「50万か・・・。私のこれまでの努力に比べれば、多少物足りない気もするが、まぁいいだろう、今回は。」交渉成立。硬い握手を交わす二人・・・。

 興奮覚めやらぬじょーん。いったい、ヤツの相場は今、いくらなんだろう・・・。(もはや誰もじょーんを止められない{笑})早速、ネットで調べてみよう・・・。“青い尾”で検索。ドキドキドキ・・・・。

 ‘ニホントカゲの幼体(子供)は美しい青い尾をしている。’二ホントカゲ?ず、ずいぶん平凡な名前じゃないか・・・。ドキドキ・・・。更に読み進めるじょーん。

 ‘北海道から九州まで、ほぼ日本各地に分布している。日本で最も普通に見られるトカゲである。

 こうしてじょーんはいつものように(笑)、現実世界に引き戻されるのであった。


 
posted by じょーん at 22:11| Comment(5) | TrackBack(1) | 妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あのトカゲのシッポは感動だよな!鮮やかで美しく輝かしい!
日頃の行いが良くないと見れないシロモノ。明日は見れるかな??
シマリスも感動だし山はいろんな楽しみがあるな〜
よ〜く考えたらまだ登山始めて一年経ってないんだなぁ〜
最強の靴。『しあわせのクツ』も買ったしどんどん登るど!(ドラクエTであったような・・・Uだっけ?歩くだけで経験値アップするクツ)
Posted by U-CAN at 2005年04月29日 01:10
そうそう!今だから書くけど・・・

あのトキはザリガニを獲る気はさらさらありませんでした!(笑)

だけど、サンショウオの卵、見れたし良かったジャン!

ちなみに20歳頃の約束が果たせて良かったわ!その約束は俺は忘れてたけど(笑)
Posted by U-CAN at 2005年04月29日 01:22
こらこら、何度もコメントするんじゃない、限りある資源を大切にしなさい(笑)。

ちなみにぼくの今年の野望はヤツを捕獲して売りさばくことです(笑)。
Posted by じょーん at 2005年04月29日 02:06
当初の予定のザリガニは取っていないんですか?

随分アウトドアーマンになりましたね。山山言っているのでスノボかと思いましたが、登山になったんですね。

そのうち、ロックをクライムしそうですね。
Posted by DIJ at 2005年04月29日 02:33
結局、その後1人で取りに行ったんだけど(笑)、昔いたところには、もういなかった。環境破壊は確実に進んでいるのであります・・・。
Posted by じょーん at 2005年04月29日 08:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3205111

この記事へのトラックバック

イタチ
Excerpt: イタチイタチ属生物の分類|分類界:動物|動物界 :en:Animalia|Animalia門:脊索動物|脊索動物門 :en:Chordata|Chordata亜門:脊椎動物|脊椎動物亜門 :en:Ve..
Weblog: イタチ[動物辞典]
Tracked: 2005-05-22 16:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。