2005年04月27日

M橋の赤いジャージ

 M橋とはじょーんの小中学校時代からの友人の名前。小学生の時からスポーツ万能で、中学・高校時代はサッカー部に所属していた。

 サッカーもとても上手かった。高校卒業し、19歳ぐらいから、じょーんとその友人たちは、毎週のように草サッカーをしていたのだが、M橋もよく参加していた。

 彼は群を抜いて上手く、みんなのあこがれの的だった。しかもわきまえている。上手いからと言って、一人でボールを持ちすぎず、たいして上手くないじょーんやみんなにボールを回してくれる。そういう意味でもみんな彼を認めていた。

 そんなM橋が、二十歳ぐらいのときだっただろうか、じょーんに赤いジャージをくれた。高校のときに使っていたものだそうで、もう使わないからあげると言う。恐らく、いつもGパンやら、綿パンやら、およそサッカーをするとは思えない格好のじょーんをあわれに思ったのだろう。(当時のじょーんはプリーター{注1}でとてもビンボーだった)

 しかし、赤か・・・。じょーんは赤い服は持っていない。赤だけはどうも着る気にならない。(今でもほとんど持っていない。)でもまあ、貰える物はもらっておくか。ジャージも持ってないことだし。

 次の週からサッカーをするときは、そのジャージを着た。着てみると案外、赤も抵抗はない。途中他のジャージを買ったこともあったが、どうも気にくわず、誰かにあげてしまった。

{注1}プリーター・・・プー太郎みたいなフリーターのこと(笑)。





 それ以来、なんと7年もこのジャージを着ている。(M橋が高校時代に使用していたのが3年間だからそれよりも楽々長い!)サッカーをするときはもちろん、登山のときも、その他スポーツをするときも常にこのジャージ。

 もらったときにひざに小さな穴が開いていた。今でもその穴は開いているが、それ以外は全く、コタっていない。さすがに10年前のモデルなのでデザインに多少、古臭さはあるが、そんなことは関係ない。

 この赤いジャージには、じょーんの数々の思い出が詰まっている。なによりこのタイトなジャージにネジこむたびに、じょーんという戦うボディは(笑)、M橋のスーパープレーを思い出すのである。

 そんなM橋も23歳ぐらいのときに本州に行き、就職してしまった。すでに結婚もしている。(子供もいるのかな?)もう何年あっていないのだろうか。先日、ご両親とお会いし、少し話をしたが、恐らく、もう戻ってくることは無いそう。寂しい限りである。

 またM橋とサッカーがしたい。


 
 
 
posted by じょーん at 20:55| Comment(5) | TrackBack(0) | 思ひ出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうか・・・懐かしいな〜
ところで、『モリ』とかは元気なのか?
しかし、いろんな奴と対戦したよな。小学生とかとも。
黒LEEとか覚えてるか?

とりあえず山装備はかなりパワーアップしたから楽しみだぜ!
ドラクエで高い武器を買ったときと同じ気分だわ!

Posted by U-CAN at 2005年04月27日 23:07
昨日ある広告にジョーンが!
モデルさんも素敵ですねー
Posted by 5人ファミリー at 2005年04月28日 12:37
“モリ”は元気だよ。この前二人でパチンコして二人とも勝ったよ。

5人ファミリーさん?誰かな・・・。じょーんの載った広告は多分、アレのことだと思うが・・・。
Posted by じょーん at 2005年04月28日 19:49
赤いジャージ着てますね。
そんな伝説があったとは驚きでした。
別に傍から見ていても違和感は無かったですね。

もしかして、U-CANさんと私は会った事があるんじゃ?サッカーといえば思い返すことがありますが。

広告は何ですか?目線入りでここに公開してください。
Posted by DIJ(ボール競技ダメ男) at 2005年04月29日 02:39
君とU−CANは会ったことないと思う。U−CANが参加していたのは最初の2,3年だけだから。

じょーんの載っている広告は・・・投げちゃった(北海道弁{笑})。
Posted by じょーん at 2005年04月29日 08:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3186500

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。