2005年03月30日

H.D.の革ジャン

 H.D.とはバイク乗りには言わずと知れた、Harley-Davidsonのことである。

 中学3年生のときだっただろうか、映画「ハーレーダビッドソン&マルボロマン」{注1}を見て、あっさり影響を受けたぼくは、将来必ずH.D.に乗ることを誓う。しかしまだ中学生のぼくは免許すら取れない。(中型自動二輪免許は16歳から取得できる。)13歳のときにバイクを盗みにいき、そこの持ち主にとっ捕まり、ボコボコにされたことがあるので、盗んでまで乗ろうとも思わない。そーだ、とりあえず格好だけでもバイク乗りになろう。単純なぼくは早速、近くのジーンズショップにH.D.の革ジャンを見にいった。

 おっ、けっこうあるじゃん。49,800円、59,800円、やっぱ革ジャンは高いなー。ダブルのライダースジャケット{注2}は嫌だな。みんな着てるし。おっ、これかっこいいなー。後ろから見ると丈が短く見えるのに、前から見るとそれがわからない。このデザインカッケーなー。欲しいなー。値段は・・・!!85,000円!!!

 う〜ん、かっこいいのはやっぱ高いなー・・・。でもあれがいい!よーし、学校ももうじき卒業だし、春休みにバイトでもするか!

{注1}・・・ミッキーローク&ドンジョンソン主演。現金輸送車を襲ったら中身はドラッグでヤバイ連中に追い掛け回されるという、単純明快なおバカ映画。
{注2}・・・最近、革でない素材のライダースジャケットが女性の間で流行っているらしい。また、ダブルのライダースジャケットのジッパーを一番上まで上げて着るのもイケてるらしい。オレも買おーかな。


 ゴルフ場の除雪という過酷なアルバイトを2週間ほどすることに。(日給5,000円なり。)5,000円×14日間で70,000円稼げる計算だ。貯金が今、10,000円とちょっとあるから、なんとか85,000円たまりそうだ。

 ぼくは革ジャンの為に一所懸命に働いた。ところがあと半分というところで、風邪を引いてしまった!4日間の欠勤。結局、10日間しか出来ず、アルバイト代は50,000円にとどまった。

 クッソー、予想外だ。20,000円も足りないじゃないか。もう高校も始まってしまうし、アルバイトは当分出来ないな。不本意ではあるが、妥協してもう少し安いのにするしかないな・・・。こうしてぼくは再び、あのジーンズショップに向かった。

 ぼくの欲しいあのハチゴーの革ジャンはまだあった。う〜、やっぱこれがいいなー。でもしょうがないよな・・・。なんとなく、値札に目をやる。・・・85,000円改め59,800えん・・・?!!!

 安くなっているのである!よっぽど高くて売れないせいだろうか!お〜、神よ、感謝します!(筆者は敬虔なクリスチャンである{笑}。)ぼくはその場でビスマルク{注3}ばりの感謝の祈りを神に捧げた。

 こうしてぼくは念願のH.D.の革ジャンを手に入れた。この革ジャンは12年たった今でも着れる。(多少身長は伸びたが、中学生のときからあまり体形は変わっていないので。)オデッセイとカーチェイスしてコケたときもぼくを大怪我から守ってくれたこの革ジャンでH.D.に跨る日もそう遠くない(はず)。

{注3}・・・10年ぐらい前にJリーグで活躍していたサッカー選手。勝利のあとに神に捧げる感謝のポーズが印象的。
posted by じょーん at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。