2005年03月20日

免許を取って次の日に2t車を運転する男

 ぼくが車の免許を取ったのは今から7年ぐらい前の二十歳の夏だった。当時フリーターだったぼくは、運転したくてたまらなく、免許を取って次の日に、2t車運転のアルバイトに応募した。

 普通、この手の仕事は「運転経験1年以上」とか「初心者不可」とか条件がつくものだが、その会社は特にそういうことはなかった。早速、社長と面接。履歴書には免許を取った年と月を正直に書いたので、当然突っ込まれた。「君、今月免許取ったばっかりなの?」「はい、昨日取ったばっかりです!」社長の顔が曇ったのは言うまでもない。

 その会社は野菜を選別して箱詰めし、2t車で運ぶ仕事をしていた。(すぐやめたので、詳しい業務内容はわからない。)社長がなかなかいい人で、「昨日免許を取った人にいきなり運転させるわけにはいかないけど、とりあえず野菜の箱詰めしてみる?徐々に運転もさせてあげるから。」とのこと。断る理由もないので早速作業場(倉庫)に向かってみると・・・。

 うっ、男がひとりもいない・・・。作業をしているのはみんな、オバサンか子供。こんな雰囲気では仕事をしたことがないが、とりあえずやってみるか・・・。

 作業開始3時間。暑い・・・。8月も下旬だというのにどうしてこんなに暑いんだ・・・。あぁ、倉庫のシャッターが1方向にしかないから、全開にしても風が通らないんだ。意識が朦朧としてくる・・・。そもそもオレはここに車を運転したくて来たんじゃなかったのか。オバサンと子供に混じって、とうもろこし片手に何やってるんだ・・・。あぁ、オバサンと子供がオレを取り囲み、指をさして笑っている(ように見える)・・・。やめてくれ、オレをそんな目で見ないでくれ!こうしてぼくが「マイワールド」に突入して仕事をサボっていると、ふいにひとりの男の人が現れ、声をかけてきた。

 どうやらここの従業員の先輩らしい。「君が今日入った人?2t車運転したいんだって?駐車場だけだけど、運転してみる?」あぁ、天の助け!ぼくはとうもろこしを放り投げ、急いで駐車場に向かった!


 早速ぼくは2t車に飛び乗った。バックで倉庫に入れることに。あれ、シフトが教習車と違うぞ。1速のトコにR(バック)がある・・・。車幅もなんだか広いし、後ろもよく見えない。まあ、なんとかなるさ、GO!タイタン!!{注1}ぼくはギヤをバックに入れ、一気にクラッチをつないだ!

 「ストーップ!ストーーーップ!!」先輩が叫んでいる。後ろを振り向くと、先輩が車と倉庫の壁に挟まれそうになって青ざめている・・・。クッソー、こんなはずでは・・・。あきらめるものか、よ〜しもう1度、GO!!タイタン!!!
  
 「ストーップ!!ストーーーップ!!!」またしても先輩の雄たけび・・・。恐る恐る振り向くと、今度は車が倉庫のシャッターぎりぎりの位置に・・・。先輩がぼくの肩にポンッと手を置いて言った。「君、当分運転は無理だね・・・。」

 次の日、ぼくはあっさりとその仕事を辞めた。当分運転は出来ないし、オバサンと子供に混じって仕事をする気にもならない。そーだ、いきなり2t車なんて運転しようとするからいけないんだ、まずは軽自動車とか小さい車を運転する仕事を探せばいいんだ!(くよくよ悩まないのがぼくのいいところ。)こうしてぼくはしょうこりもなく、この1週間後にピザ宅配のアルバイトに応募するのである・・・。その話はまた別の機会に。

 かくしてぼくは免許を取って次の日に2t車を運転する(バックのみだが・・・)男として永遠に歴史に名を残すことになったのである。

{注1}タイタン・・・マツダのトラック。本当にこの車種だったかどうかは不明。

posted by じょーん at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | アルバイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。